美しい景観を守って建てる|完成したときのイメージを明確にできる注文住宅なら安心
住宅模型

美しい景観を守って建てる

住宅模型

風情ある美しい街並みの京都ですが、その美しさを守る為に、京都には特有の建築条件が存在します。その建築条件はビルやマンションだけでなく、個人の住宅であっても対象となります。ですから、京都で注文住宅を建てる際には何点か注意しなければならないことがあります。まず、京都には有名な神社仏閣が数多くあり、それらの近辺は景観地区に指定されています。景観地区に指定されると、壁の色や建物の高さ、また建築に使用する材質にまで規制が掛かります。観光名所の中でも特に知名度の高い名所であれば、それだけ規制も厳しくなる傾向にあります。しかしながら、こうした規制のおかげで美しい京都の街なみは守られており、自宅を建てた後に、近隣に高層マンションが建てられるといった心配は必要なくなります。

では、どういった点に気をつければよいのでしょうか。まずは土地購入にあたり、景観が良い場所や街並みの美しい場所で土地が売りに出た場合には、しっかりと下調べを行いましょう。土地の購入も建築も安い買い物ではありません。折角購入した土地で、自分たちの理想の家を建てることが出来なければ注文住宅の意味がありません。次に、京都で注文住宅を建てる際に最も大切なことが、信頼できる工務店や設計士と契約をするということです。京都特有の細かな規制に対応できるよう、京都での施工経験の多い設計士や工務店に依頼することをお勧めします。注文住宅の最大のメリットは、全てを自分たちの理想の形に出来るという点ですが、その土地でのルールをしっかりと守り、理想の家を建てなければなりません。